今日の朝日新聞より。「ドローン宅配計画、離陸 千葉市など11日から実証実験」生活様式が一変する近い未来に期待!(2016.4.6-35面 社会)

ドローン宅配計画、離陸 千葉市など、11日から実証実験 3年後の実用化目指す

小型無人飛行機(ドローン)を使って個人の家に宅配をする実証実験が、千葉市の幕張新都心でいよいよ11日から始まります。2019年の実用化を目指すとのこと。「生活様式が変わる」と期待の声の一方、安全面やプライバシーなど、乗り越えるべき課題についても記事は取り上げています。

イラストでは、倉庫→集積所へ飛ばす大型ドローンと、集積所から高層マンションの各部屋のベランダに届ける小型ドローンを利用するようですね。これから建設されるマンションには、各戸のベランダに、ドローンの離着陸スペースを作る予定だそうです。

記事の後半には、安全対策などの課題についても大きく紙面を割いていました。ドローンが操縦不能になったり、荷物を落としたりするリスクに対応するため、ドローン自らが障害物を検知し回避する技術を開発をしているそうです。異常があれば高度を下げて、東京湾や事前に決めた空き地などに不時着させるらしいです。また、異常時の記録用のカメラを搭載しているため、プライバシーの保護をどうするかなどの問題にも取り組んでいく必要があります。

ドローンを使用した宅配の実現は、記事中にもあるように、生活様式が一変する可能性を秘めています。高齢化や地方の過疎化が進む未来の福音となるかもしれません。昨年、「ドローン」は、操縦者のモラルの低さによって起きた事故・事件によって、皮肉にも一般の人に広く認知されるようになりました。解決すべき課題はたくさんありますが、その汚名を晴らすためにも、ぜひ実証実験がうまくいき、近い未来に実用化されることを期待しています。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら