【今日の朝日新聞】被災者が語る、活きた教訓 (2016.4.24-32面 特集)

教訓、被災者は語る 熊本地震

熊本地震の被災者に、避難時に役立ったこと、逆に足りなかったこと、そして今必要なことをインタビューした記事が載っていました。

ラジオ情報、何より大事/携帯、枕元に置いておけば/必需品は車に移して/ポリ袋を支援物資入れに/懐中電灯は手放さないで/手の届くところに履物を…

年齢も性別もばらばらの10人の体験は、それぞれとても貴重で活きた情報でした。自分も、災害対策セットを物置に入れたまんま、中身のチェックもしていません…。記事を読んですぐ、懐中電灯をすぐ取れるように、棚を整理しました。あとは、車のトランクを整理しなきゃ・・・。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら