【今日の朝日新聞より】成田市民が知るべき、成田空港の歴史とこれから「成田闘争の先に」 (2016.5.11-25面 千葉)

成田闘争の先に(7)「第3滑走路 過去の轍踏まぬ」

朝日新聞千葉欄に5月4日から7回にわたって連載されていた「成田闘争の先に」は、成田空港ができるまでの経緯や人々の思い、最終回となる今日の紙面には、これからの成田空港の課題が掲載されていました。

成田闘争の先に

閣議決定から50年、開港から38年経った今なお、まだ反対運動が続いていることを成田市外の方に話すと、驚かれることがあります。私自身、成田に引っ越してきて20年ほどなので、反対運動の空気を体感しながら育ったわけではないのですが、それでも成田に住む者として、開港までにどんなことがあったのか、知るべきだと思っています。

そう思っている自分にとって、今回の連載は非常にわかりやすくまとまっていて、貴重な記事でした。スクラップしてとっておきたいと思います。

過去の過ちから学びながら、傷ついた人たちや騒音下で暮らす人の気持ちに寄り添って、これからも発展して行ってもらいたいと思ってますし、最終回の今日の記事を読んで、その希望を見出せた気がします。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら