【今日の朝日新聞より】障害者スポーツの現状を知る (2016.5.17-21面 スポーツ)

(障害を越えて 子どもとスポーツ第13部:上)好きな競技、挑みたくても

2020年東京パラリンピック開催で、障害者スポーツにも注目が集まるなか、障害のある子どものスポーツ環境を探る記事です。

記事には、下半身が動かず車椅子で生活をしている息子の「テニスをやりたい」という夢を叶えるため、自らテニススクールを作った父親の話が載っています。障害のある子どもたちを対象にしたスポーツ環境は遅れており、「スポーツを体験し、競技に興味を持った子の親から『どこでできますか』と聞かれるが、地域になかったり、県をまたがないとできない場所もある」のが現状のようです。

こうした記事や、東京パラリンピックを機に、障害者スポーツが注目されて環境がもっと整備されるといいなと思いました。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら