【今日の朝日新聞より】スラムダンク作者・井上雄彦さんとNBAのコートに立った田臥選手の、バスケ愛あふれる対談。(2016.5.22-17面 スポーツ)

「B.LEAGUE 主役に迫る」 田臥勇太選手×井上雄彦さん バスケット

日本に新たに発足するバスケットボールリーグ「Bリーグ」選手と、漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さんの対談企画が始まりました。第1回目は、日本人で初めて米プロバスケットボール協会(NBA)のコートに立った田臥勇太選手です。

紙面に大きく掲載されている、井上武彦さんが書き下ろした田臥選手のイラスト、めっちゃかっこいいです!

また、朝日新聞デジタルには、インタビュー動画と、詳しいインタビュー内容も載っていました。こちらも、バスケ愛あふれる対談となっています。
http://digital.asahi.com/articles/ASJ534TJSJ53UTQP018.html

7月には40年ぶりの五輪出場をかけた世界最終予選があります。日本が世界と戦うときに、核にするべき強みを聞くと「いかに5人が組織的に動くか、ですね。そのなかでどう個性を出していくかの訓練が必要」と語る田臥選手。世界最終予選が楽しみですね。

インタビュー動画では、文字では表し切れない田臥選手、井上雄彦さんの表情も見ることができます。今のプレースタイルを語る田臥選手の表情は、本当に楽しそうで、子どものようで、バスケが好きなんだなぁというのがよく伝わります。また、最後の方に、井上さんの「挑戦することを恐れすぎない世の中になってほしい」という言葉にも、感動しました。ぜひ動画も見てもらいたいです。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら