【今日の朝日新聞より】ネットを活用して投票先を決めていこう。若い人にこうしたサービスもっと知ってもらいたい。(2016.6.5-2面 総合2)

(18 私たちも投票します)投票先決めるには? AKBと考える

AKB48のメンバーが、初の投票に向け、政治について語り合う連載「私たちも投票します」第4部第2回めです。今回のテーマは、投票先の選び方です。

選挙に行かない理由のひとつに、「誰に投票していいかわからない」というのが大きいと思います。公約を見ても、なんだか難しかったり抽象的なことばかり、結局ポスターの見ためやその時の気分で投票してしまう方も少なくないかと思います。

今回の連載では、ジャーナリストの津田大介さんが、インターネットを活用し、どうやって自分の考えと似ている候補者を選ぶか、をわかりやすく解説してくれています。

記事中でも紹介されていますが、最近は、いくつかの質問にこたえると自分の考えと似ている候補者(政党)を教えてくれる「ボートマッチ」というウェブサービスが充実してきました。選挙時には私もよく活用しています。

新たに選挙権を持つ若者に、こうしたサービスを活用して、ぜひ投票に行ってもらいたいなと思います。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら