【今日の朝日新聞より】ジョディ・フォスターさんのインタビュー。ハリウッドの将来憂う (2016.6.9-13面 オピニオン)

(インタビュー)セルロイドの天井 映画監督・女優、ジョディ・フォスターさん

女優で10日から公開の映画「マネーモンスター」の監督でもあるジョディ・フォスターさんのインタビュー記事が掲載されていました。

ジョディ・フォスターさんの人生観やハリウッドの現状、女性監督が活躍できない理由などを語っていました。インタビュー記事は、「映画業界における女性(監督)の地位」に主軸をおいているようですが、インタビューを読むと、むしろジョディ・フォスターさんは、今のアメコミヒーロー物に代表される、CG満載の大作映画だけが作られる今のハリウッドの現状を憂いていることがわかります。

個人的にはアメコミヒーローものやSF映画は大好きなのですが、たしかに最近そういうの多いなぁと感じていました。思っていたよりも、深刻な状況なのですね。

お金のかかる大作映画ばかりではなく、色々なタイプの映画がもっと増えればいいなと思います。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら