【今日の朝日新聞より】仮想通貨、来秋一般向けに 三菱UFJ、大手銀で初 (2016.6.10-1面)

仮想通貨、来秋一般向けに 三菱UFJ、大手銀で初 「送金」手数料割安

三菱東京UFJ銀行が、仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行するそうです。大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めてで、信用力が高いメガバンクの本格参入で、仮想通貨の裾野が広がりそうです。

仮想通貨を利用すると、利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりできるそう。コインを取り込んだスマホをかざせば現金を引き出せるATMも開発を進めているようで、実現すれば、同行に口座を持っていなくても、スマホに取り込んだコインをATMで現金化できるようになるみたいです。

日本ではとかくネガティブなイメージがつきまとう「仮想通貨」という言葉ですが、メガバンクの参入を機に、一気に広がりそうな予感がしてワクワクしています。便利になる反面、データ(数字)だけのやり取りがすすむと、どんどん「お金を使っている」という実感が削られ、結果的に浪費につながりそうな危険な予感も個人的にはしています(笑)

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら