【6/23の朝日新聞より】高校生の町おこし、応援したいですね♪ (2016.6.23-29面 教育)

(いま子どもたちは)ひょうたんの町から:1 町おこし、私たちの手で

岐阜県養老町の高校生たちが、特産のひょうたんをつかって町おこしをする取り組みが紹介されていました。

喫茶店の後を利用したスタジオで月1回インターネット番組を制作するなど、「高校生なのにすごいなぁ」を素直に感心しました。こうして、時代に則したPR方法を用いながら、地元愛も育む、とてもいい状態なのだと思います。

よく、町おこしを成功させるには「よそ者、若者、ばか者」が必要だ、と言われますが、よそ者にうまく利用され、一時の過熱のみで定着しない、というケースもあります。こうして、地元を愛している若者が、自ら率先して実行していくことが、何より大切だと思った記事でした。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら