【6/30の朝日新聞より】ネット選挙解禁から3年。ネット選挙の今 (2016.6.30-35面 社会)

ネット選挙、まだ片思い 候補者らFBや動画活用…反応いまいち 参院選

ネット選挙が始まって3年、参院選で候補者や政党は様々な発信に努めている。だが、有権者の反応や陣営の手応えはいま一つ。ネット選挙の「いま」を記事で取り上げています。

ネット選挙が解禁された時は、「変わるかも!」という期待がありましたが、あいかわらず街頭演説や選挙カーでの連呼の風景は変わらないですね(笑)

三宅洋平さんの選挙フェスなど、一部でネット選挙ならでは盛り上がりは見られるものの、ネットに主戦場が移ったとはまだまだ言いがたいのが実情です。

記事中でもありますが、候補者と有権者が直接繋がることができることがネット選挙のメリットだと思います。そこをうまく活用できる候補者が増えれば、活用も広がるのかなと思います。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら