【7/4の朝日新聞より】こりずにアロハで田植えしてみました。記者の田植え体験記。(2016.7.4-23面 生活)

(こりずにアロハで田植えしてみました)ドッジボール、実は田んぼ踏み

「男一匹が食う米は朝1時間だけの農夫仕事で手に入れよう」。東京・渋谷生まれのど素人記者の田植えコラムです。

サングラスにテンガロンハット、アロハシャツのおじさんと、近所の小学生との交流について書かれていました。ほのぼのとして、ほんわかした気持ちになります。

それにしても、記事全般にわたって軽い感じ、新聞記事というよりどちらかというとブログエントリーちっくな文体は、おそらく狙って書かれたものでしょうが、たまにこういう記事があってもいいですね。普段新聞を読まない方にもとっつきやすい文章だと思います。普段はどんな文章を書くのかな…変なところに興味がそそられました(笑)

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら