【2017.1.18の朝日新聞より】精神疾患の親と暮らす子どもたちの苦悩…。一刻も早い実態調査が必要と思います(29面生活)

FullSizeRender 2

(精神疾患の親がいて:上)「普通の家って?」成人後も悩む:朝日新聞デジタル

“精神疾患がある親と暮らす子どもたちは、周囲に打ち明けられない悩みに直面します。成長して親元を離れても、子ども時代に受けた影響が残ることがあります。まだ十分に知られていないその実態について、3回にわたって紹介します。”

精神疾患に悩む家族の話は時折記事で目にしますが、子どもたちがどう育っていくか、そういえば目にした記憶があまりありませんでした。記事を読み、どんなに辛い経験や複雑な思いを持って育ったのか、胸が痛みます。

実態をなかなか把握できず、社会の目に触れる機会も少ないのですね。一刻も早い実態の把握と、支援の体制が必要だと思いました。

今日から全3回、明日の第2回目は、支援についての取り組みについて書かれるということで、実際どのような支援が行なわれているのか、この問題に関心を持って読んでみたいと思います。