【2017.1.31の朝日新聞より】耕論:渦巻く偽ニュース(15面オピニオン)メディアの意義が問われてる気がします。

FullSizeRender 3

(耕論)渦巻く偽ニュース ダン・ギルモアさん、五十嵐中さん、藤代裕之さん:朝日新聞デジタル

ネットに溢れる「偽ニュース」について、メディア関連の有識者が警鐘を鳴らしていました。

昨年、問題の多い内容が掲載されていることで話題となった医療健康情報サイト「WELQ」や、米大統領戦で大量に流された偽ニュースなど、メディア・ニュースの信憑性が問われています。

偽ニュースがなぜ広がるのか、その構造と、メディアはどう責務を追うべきか、それぞれ持論を展開しています。

昨日も、偽ニュースの運営者のインタビュー記事を読みましたが、本当に気軽に、お小遣い稼ぎ感覚で作成した記事(偽ニュース)が、全世界をかけめぐる、恐ろしい時代なんだなあと感じました。

ハイスペックで、礼儀正しい若者がデマサイトを作る 就活の失敗からそれは始まった

ネットにあふれる、虚実入り混じった、玉石混交の情報の中から、信頼できる情報を得るのが、難しい時代になってきていると感じます。こうした時代だからこそ、情報を精査し、選別し、精査する新聞の価値は高まるのではないでしょうか。

ネットやSNSを見ていると、法政大学准教授藤代さんの記事にあるように、「既存メディアへの信頼低下と併せ、『ネットにこそ真実がある』という考え方は根強く」あると私も感じます。新聞を始めとする既存メディアも、信頼されるに足りうる真実を追求する姿勢に磨きをかけるべきだし、ネットの情報だけを鵜呑みにしない、個々人のリテラシーを高める必要があると思います。