2016.2.8新聞記事「女の子に」もがいた日々

  
MOM’S STANDという、女性向けの紙面に、性同一性障害に悩み、女性として生きていく佐藤かよさんという方の記事が載っていました。

本人の苦悩だけではなく、母親がどう向き合ってきたのか、インタビューが掲載されており、興味深く読むことができました。

ひと昔に比べると、今は、テレビで有名人がカミングアウトしたり、「LGBT」といった単語も徐々に市民権を得てきている気がしますが、こうした悩みを持つ方がまだまだ一般社会に広く受け入れられているとは言い難いのが事実ではないでしょうか。

差別や誤解は、無知から生まれると思います。親だけでなく、自分も含め、社会全体が、よく知り理解することが、やさしい社会になっていくということではないでしょうか。

ちなみに、佐藤さんのお母さんのインタビューは、デジタル版で詳しく読めるそうです。あとでゆっくりと読みたいと思います。

佐々木敬太郎