2016.2.11新聞記事「にぎわい喪失 帰還阻む」東日本大震災5年-復興はいま

  
東日本大震災から間もなく5年の月日が経とうとしています。

今日の紙面の一面には、沿岸地域で15.6万人減少しているという記事が載っていました。また、7面には、避難先での生活の実態や、被災地で商売を営む方々の苦悩、さらには定住してもらうための自治体の様々な取り組みなど、多角的な視点で「被災地のいま」を記事にしています。

また、科学面では、放射線リスクとどう向き合うかを取材した記事もありました。

もうテレビではほとんど話題にのぼりませんが、こうした記事を見るたび、たくさんの方々が今なお進行形で頑張っているということを思い起こさせてくれます。

佐々木敬太郎