成田市が香取市と地域電力会社設立?!2016.2.20千葉欄(29頁)

  
県紙「千葉日報」にも同様の記事がありましたが、成田市が香取市と地域電力会社を設立するようです。自治体同士の連携による電力会社は全国初とのこと。

4月からの電力自由化に伴い、香取市が保有する太陽光発電施設と、成田市にあるいずみ清掃工場でゴミ焼却する際の火力発電で得た電力を、新会社が固定買取価格より3%高く買い取り、小中学校などの公共施設に安く供給するそうです。

「電力の地産地消」とも言えるこの新たな取り組み、期待していますが、一方で、他の自治体との連携や懸念事項、市の財政などにどう影響していくのか、身近な問題としてこれから注視していきたいと思います。

佐々木敬太郎