高い志を持った人々(2016.3.8-28面千葉2)

 

震災での貧困問題や医療・福祉の不足問題、また、国連の女性差別撤廃委員会の勧告など、今日の紙面にも気になる記事はたくさんありましたが、今日紹介したいのは、千葉欄の「人」です。

成田空港で働く4万人の中から、特に素晴らしい接客をしたスタッフに送られるCS賞を3度受賞した成毛ロジェリオさんはじめ、ちば映画祭実行委員会代表の石井学さん、2月にできた千葉市ひきこもり地域支援センターの平田智子さんが紹介されています。

3人とも、自らが置かれた環境の中、高い志を持って仕事をしていることがよく伝わる記事でした。

私も地域のニュースを発信することをライフワークとしていますが、その中でも、地域を盛り上げようと奮闘している方々の取材はとても刺激を受けますし、もっと多くの人に知ってもらいたいと、いつも思います。

新聞を読んでいると、いまの経済や社会に気分が滅入るニュースも多いですが、こうした、自分のためだけでなく、人のために頑張っている方々の記事を読むと、まだまだ日本も捨てたもんじゃないなと、勇気付けられます。

佐々木敬太郎