人工知能の新たな時代へ(2016.3.16-3面 総合)

囲碁の人工知能(AI)が、世界で最も強い棋士に、4勝1敗で勝ったそうです。すでに人工知能が勝っているチェスや将棋に比べ、囲碁は予想しなければいけない手が桁違いに多く、人工知能が人間を上回るのはまだ先ではないか、といわれていましたが、今回でその通説を崩した形になります。

今までの人工知能は、考えうる手を総当たりする方式だったようですが、今回のAIは、自ら学習して強くなっていく「ディープラーニング」という手法を用いているそう。まるで人間ですね。

今回の対局についての感想も、「見えているものが違う」「どう考えているか話せるなら聞いてみたい」など、まるで人間扱いです。

技術の進歩に対して、すごい!と思う気持ちと、少しのおそろしさも感じます。いよいよ映画の世界が現実になってきました。SFのように、コンピューターが自我を持つ時代は、そこまでやってきているのでしょうか。そもそも、「自我」とは何をさすのでしょうか。「知能とは」「自我とは」「意識とは」何なのか、改めて定義付けをしていかなくてはならない時期なのかもしれません。

佐々木敬太郎