マイナンバー関連のトラブル、まだまだ続きそう…(2016.3.17-39面 社会)


マイナンバー関連の報道もすっかり影を潜めましたが、通知カードの紛失や、番号の流出などのトラブルが相次いでいるそうです…。

当初からこういったトラブルは想定されていたと思いますが、やはり・・・といった報道ですね。もちろん、従業員の個人番号を扱う各事業所にその責任があるわけですが、こうした事態が頻発すると、個別の問題よりもむしろ、「各事業所に責任を負わせる」という制度・仕組み自体に問題があると捉えることもできます。

そもそも、各事業所は手続き・管理の責任といった事務手続きの負担を強いるわけですから、せめて、管理方法や仕組み、教育などの環境整備くらいは国で負担してもらいたいものです(笑)

運用はすでに開始されましたが、直接行政とのやり取りが発生する、今年の年末調整あたりから、またトラブルが続出しそうですね。

(自らも含めですが、)各事業所には引き続き管理をしっかりやることは前提として、国には罰則規定だけではなく、各事業所が管理しやすいよう、環境整備に努めてもらいたいと思います。

佐々木敬太郎