女優いとうまい子さんがロボット開発!?(2016.3.21-35面 リライフ)

仕事や子育てに一段落し、より充実した人生を送りたい成熟世代成熟世代の「人生充実」を応援するページ「Reライフ」に、女優のいとうまい子さんの記事が大きく載っていました。

6年前に早大人間科学部に入学後、同大学院人間科学研究科に進学。足腰が弱り、歩行などが難しくなる「ロコモティブシンドローム」(運動器症候群)の予防を目的としたロボットを開発し、修士論文をまとめ、この春からは博士課程に進むそうです。

高齢者の筋力維持は、これからどんどん重要な課題になっていくことは間違いありません。制度設計や、各メーカーがサポートする技術を開発も進むと思いますが、一方で、どこか手作りのあたたかみのあるこのロボットの方向性も、必要な気がします。

その熱意とバイタリティーに、素直に「すごい!」と感心しました。この行動力に負けないように、自分もがんばりたいと刺激を受けた記事でした!

4月からの新紙面では、新たに神足裕司さんのコラム「コータリンは要介護5」が始まります。また、人生充実を後押しする言葉を贈る「加藤登紀子のひらり一言」を始め、みなさんからの「一言」も募集します。ますます「Reライフ」楽しみですね!

佐々木敬太郎