今日の朝日新聞より。バリアフリー 少しの配慮で。障害者差別解消法が始まります。(2016.3.30-33面 生活)

 
(障害者差別解消法が始まる:上)バリアフリー、少しの配慮で

障害者差別解消法が4/1から施行されます。障害のある人もない人も同じように暮らせる社会にすることを目的として作られた法律ですが、どのような法律なのか、わかりやすく解説されています。

記事には、身体的なハンディキャップを持つ中沢さんの馴染みのお店の取り組みなどが紹介されていて、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、特に飲食店の方にとっては参考になりそうです。

「ハードよりハート。対話を重ねて」「見た目で障害がわかりづらいこともあるし、一人ひとり違う。手助けを迷う時は遠慮せず聞いてほしい」「法律がめざす共生社会は、自分と異なる人を分け隔てせず、その人ができることを認めて役割を持たせ、できないことは誰かがカバーする、いわば長屋のような関係を築くこと。決して手の届かないものではないはず」今日の記事には、心に留めておきたい言葉が、たくさんありました。

佐々木敬太郎