【2017.1.9の朝日新聞より】あふれる情報のなかでどう生きていくのか(3面)

【2017.1.9の朝日新聞より】あふれる情報のなかでどう生きていくのか(3面)

(我々はどこから来て、どこへ向かうのか:8)SNSの時代、格闘は続く

1面の特集からの続きの記事です。情報社会の中、「ネットでつながった世界を、いまだかつてないほど膨大な量の情報が飛び交っている。広がり続けるその海を、私たちは泳いでいけるのか」(1面より)というテーマの記事です。

1面では、口コミサイトの情報に振り回され、結局決め手に欠けるまま買い物できない例など、あふれかえる情報に翻弄される現代を、そしてこの3面では、印刷やテレビなどが世に出てきた時、私たちはどう反応し、どう乗り越えてきたのか、歴史を紐解きながら、情報の波のなかを泳ぐ術を考えていきます。虚構新聞の例は、本当にいまの殺伐としたネット社会をよく表していると思いました。

私も、いわゆる「SNS疲れ」や、情報に振り回され実行できないことなど、しばしばあります。その時はちょっと立ち止まって、一歩距離を置いたりして、うまく付き合っていこうと思っています。ネットにあふれかえる情報は、さながらスター・ウォーズのフォースみたいなものですね。のめり込んで振り回されると、暗黒面にとりこまれちゃう(笑)

これだけ玉石混交の情報があふれかえる情報社会の中、私は、そこから適切な情報を効率的に拾い上げる、「取捨選択」のスキルがどんどん必要になってくると思っています。「自分はネットから真実を拾い上げている」と思っているほど、要注意だと思います。真実は切り取り方で、いかようにも解釈できる。それを、どれか1つを正解として、他は陰謀だ、洗脳だ、と騒ぎ立てるのは愚の骨頂だと思うし、一歩引いて見られるような人間になりたいものです。

新聞というメディアを取り扱っていると、しばしば「時代遅れ」と揶揄されがちですが、インターネットの情報に比べ、フィルターが通っている分、取捨選択をしてくれている側面もあり、そうした意味では、効率的に情報を得られるツール、というか、取捨選択する時間と判断に対して対価を払っているというように考えています。まあ、そのフィルターに恣意的な操作が入り込む可能性もあるし、そこに批判が実際集まったりもするのですが…。「新聞」というフィルターを通った情報を、鵜呑みにせず、自分のフィルターを通したり、疑問に思うことは、インターネットで調べたり…。そうすることで、判断能力は養われているのだと思います。少なくとも、「ネットに真実がある」といって、自分のフィルターだけを通している人たちよりは。

【2017.1.6の朝日新聞より】私の折々のことばコンテスト受賞作品発表!(26面)

【2017.1.6の朝日新聞より】私の折々のことばコンテスト受賞作品発表!(26面)

(私の折々のことばコンテスト2016)心ゆさぶる、響く:朝日新聞デジタル 

朝日新聞の1面には、哲学者・鷲田清一さんのエッセイ「折々のことば」が連載されていますが、それにならった作文コンテストがおこなわれ、その受賞作品が掲載されていました。

中学生と高校生から、心に響いた「ことば」とその思いが綴られています。

インターネットや書店では、著名人の名言があふれています。私も読むのは好きですし、刺激もうけたりしますが、何となく「いいね」と共感したり、シェアするだけでなく、そのことばに対してどう感じたか、どう思ったか、どの部分が心に刺さったのか、こうして言語化して向き合うことは大切な作業ですよね。

私自身好きな言葉もあったりして、中高生がどう感じているのか、興味深く読むことができました。中高生の多感な時期の、戸惑っていたり、不安定だったり、素直だったり、悩んでいたり・・・そうした悶々としたなかで、自分を見つけていこうとする思春期の感情がとても伝わる記事でした。

このコンテスト、今年もやるのかなぁ。楽しみにしたいと思います。

【9/8の朝日新聞より】今日からパラリンピック。「前向く私こぎ出す」カヌー瀬立選手。(2016.9.8-39面 社会)

【9/8の朝日新聞より】今日からパラリンピック。「前向く私こぎ出す」カヌー瀬立選手。(2016.9.8-39面 社会)

前向く私、こぎ出す カヌー・瀬立モニカ リオ・パラリンピック

今日(現地7日・日本時間8日)いよいよパラリンピックが始まりますね。1面のほか、紙面のあちこちでパラリンピックや、障害者の取り組みなどを紹介する記事が目にとまりました。

中でも、リオパラリンピックでカヌーに出場する瀬立モニカさんの笑顔が素敵だったので、こちらの記事を紹介します。

18歳の瀬立さんは、3年前高校入学直後の体育の授業中の事故で、胸から下の感覚を失ったそうです。車いすでの生活を余儀なくされ、塞ぎこむなかで、中学からやっていたカヌーの経験をかわれ、障害者のためのカヌーに誘われました。記事中では、苦悩や葛藤、上半身だけで行うカヌーの難しさなどが書かれています。

限られた記事の文面で、瀬立さんが、カヌーを通して障害を乗り越え(受け入れ)、前向きに生きていく気持ちの変化に感動しました。最後の一段落が素敵だと思います。

なぜ自分はけがをして障害者になったのか。健常者だったらこんなにたくさんの人に生かされている、と実感することはなかったのではないか。いろんな思いがよぎる。「『パラはすごい、かっこいい』と子どもたちに思ってもらえるように、全力で挑みたい」

 

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら

【9/3の朝日新聞より】障害のある2人を育てて (2016.9.3-30面 生活)

【9/3の朝日新聞より】障害のある2人を育てて (2016.9.3-30面 生活)

(ジャーナルM)障害のある2人を育てて

重度の障害がある2人の子どもを持つ柴田靖子さんの子育てについて書かれた記事です。

長女の時は、「発達させて健常児に近づけよう」と、1歳前から親子で療育施設に通い、同様の障害がある他の子と共に歩行や発話の訓練を受けたそうです。しかし、5歳になる直前に長男が誕生すると、「2人とも療育なんて無理。もう息子は発達しなくても、元気に育ってくれれば」と、生後7カ月で近所の一般の無認可保育園に入園させました。重い気持ちで迎えに行った時、他の子に紛れて見分けがつかなかった長男の姿は、それまで療育中心の生活で、健常児と全く接点がなかった柴田さんにとって、目からうろこが落ちる思いだったそうです。

その後、特別支援学級に通う小1の長女を放課後、地元の小学校の学童保育に預けた。療育訓練を受けても目の前の物に手を伸ばせなかった娘はブロック遊びに熱中し、職員の目を見て静かに話を聞くことを「勝手に」学びました。また、何でも問題なくできると思っていた「健常児」も、実は個性があり、ぶつかり合い、ほめあって育ち合うことに柴田さんは気づいたそうです。

障害者に対して、私たちは、いじめるまではいかなくとも、何となく怖い、避ける・・・そういった行動をとりがちだと思います。どうしたら、そういった垣根を取り払い、本当に分かり合って、普通に同じコミュニティーの中で生活できるのか、自分自身問うことがあります。

その答えというか、ヒントが、記事後半にある気がしました。

障害の早期発見、療育という傾向にある現在、「違い」を理由にいじめられないように、迷惑をかけないようにと、「専用コース」に誘導される流れが広がる。長女は学童保育を退所後、健常児と日常的に過ごす場がなくなった。特別支援学校で義務教育を終え、現在は福祉作業所に通所する。「いったん分離されると『合流』は本当に困難。大人が時折設ける『交流』では、友達になるどころか、関われない存在だと再確認させる面もある」と話す。

個々が理解を深めるだけでなく、社会全体で、この「合流」「分離」「交流」それぞれの意味を深く考え、取り組んでいかなくてはならない問題だなと感じました。

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら

【8/30の朝日新聞より】コンビニに書籍が増えてきた理由 (2016.8.30-29面 社会)

【8/30の朝日新聞より】コンビニに書籍が増えてきた理由 (2016.8.30-29面 社会)

コンビニ、書籍に注力なぜ? 芥川賞作家のサイン会も

ここ数年、コンビニでビジネス書や普通の書籍などの取り扱いが増えているなぁーと、漠然と感じていましたが、その狙いと、出版業界を取り巻く事情が書かれています。

なぜコンビニが書籍に力を入れるのか。書籍は食品などと比べ、利益率は低いが、コンビニ側にとっても利点は大きいようだ。「顧客の6割が男性だが、本を買うのは6割が女性。女性の顧客拡大につながる」とローソンで出版などを担当する加藤慎介さん。セブン―イレブンによると、売れる本の傾向から顧客の嗜好をつかみやすくなり、より適した品ぞろえを考えることもできるという。

一方、出版する側から見ると、

販路が先細る中、万単位の店舗を持つコンビニとの連携に出版社は期待を高める。文芸春秋の勝野聡・営業局次長は「普段本を買わない人が本と出会う場が増えることはありがたいし、各店舗で1冊でも売れればベストセラーになる」という。

書店に足を運ばない顧客層にアプローチするために、コンビニという「場」が選ばれているようですね。本が売れない時代だと聞くし、読まない人が目に(手に)触れる機会が増えるのはいいと思いますが、本好きの私としては、コンビニでほしい本が手に入っちゃうと、ますます本屋さんの危機では…?と思っていたら、記事にもしっかり書いてありました。

出版業界の専門紙「文化通信」の星野渉編集長はコンビニの書籍販売により、売れる本だけがさらに売れる傾向が強まる、と指摘する。「消費者が本を購入できるチャンネルが増えるのはいいことだが、多様な本と偶然に出会うという体験は書店ならでは。書店の存続を脅かさない形を考えてほしい」

確かに、僕もそう思います。

あと、記事の内容とはぜんぜん関係ないんですが、インターネット(朝日新聞デジタル)と、紙面で、見出しが変わってますね。
朝日新聞デジタル→コンビニ、書籍に注力なぜ? 芥川賞作家のサイン会も
朝日新聞紙面→芥川賞作家がコンビニでサイン会 狙いは?
たしかに、紙面の方は主旨と違うかな?こうして見比べてみるのも、面白いですね(笑)

佐々木敬太郎


さまざまな出来事や多種多様な意見にふれてみませんか?
ただいま朝日新聞1週間無料お試し実施中。
お申し込みはこちら